子供は悪いことはしない。性善説のススメ。

昨日、一昨日は、ヒプノマスター講座でした。

一昨日は前世、昨日からは、ジョジョに退行催眠に入ってきました。

講座の間中、話しは多岐にわたります。

その中で、私が、

「子供はまったく悪いことしないです。」

と言ったら、

え!??みたいな反応が返ってきた気がしました。笑

普段から、常々、私が、「私は子供を怒ったことがない」というと、

多くのお母さんが驚くので、

【子供は悪いことをしない】という考えは、

あまり一般的ではないのかもしれません。

でも、言わせてもらいますが、

子供は全く悪いことしないです。

大人からみて都合が悪いというだけで、

何も悪くない。

壁に落書きするのも、部屋を汚すのも、

何も悪くないです。

ただ、単に、大人にとって都合が悪いだけ。

子育てしてる方は、ぜひ、子供は何も悪くないということ、

わかると、凄く子育て楽になると思います。

そして、子供を下にみない。

子供って子供だから、大人は下に見るのが当たり前に思ってる。

でも、子供を下に見る必要ないです。

そうすると、子供も親を下に見なくなります。

その上下関係を取り払わないと、

本当に、互いに成長していくことは難しいです。

そして、

兄弟げんかが激しいのは、

親が子供を怒ってるからなのね。

たとえば、自分が3人兄弟の真ん中だったとして、

親が上のお兄さんを叱ってるときは、自分じゃなくてよかったーと思い、

下の子をしかってる時も、自分じゃなくて良かったーと思い、

いざ自分が叱られると、何が嫌って、

怒られてる事も嫌だけど、

それを兄弟に見聞きされてるのも嫌なんですね。

兄弟は何もしてなくても、

見られた、聞かれたってそれだけでバカにされてる気がしてしまいます。

何もしてなくても攻撃されてると勘違いします。

しょうがないよね、同じ家に住んでるんだから、

そりゃ見るし聞くよね。

そうすると、兄弟げんかが始まるのね。

よくも俺をバカにしたな!と。

そうして親に比較され、兄弟にバカにされてると感じ、

互いに喧嘩をするようになります。

親が子供を怒らなければ、兄弟げんかって始まらないのよ。

(*ちなみに、うちで兄弟喧嘩はまったくありません。全くです。お試しあれ!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。